激混み!通勤ラッシュ混雑度ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

朝の通勤・通学ラッシュ。
できれば避けたいですよね。
国交省が発表している去年のデータから、首都圏の鉄道混雑ランキングを作成しました。

混雑率の定義

混雑率100%

→国交省発表資料の定義によると、定員乗車(座席につくか、吊革につかまるか、ドア付近の柱につかまることができる)の混雑率。

混雑率150%

→広げて楽に新聞を読める混雑率。

混雑率180%

→折りたたむなど無理をすれば新聞を読める混雑率。

混雑率200%

→体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める。

ワースト3

東京地下鉄東西線(混雑率:199%)

→木場や門前仲町などがあり、千葉方向から都心への混雑度ランキングではワースト1位に。

JR東日本総武緩行線(混雑率:197%)

→錦糸町や両国などがあり、東西線と同様、千葉方面から都心への通勤ラッシュ時にはかなり混雑。

JR東日本横須賀線(混雑率:196%)

→マンションの開発ラッシュで人口増加中の武蔵小杉駅などがあり、混雑度ランキングではワースト3位に。

まとめ

いかがでしたか?
職場の駅への通勤などを考慮する際、
混雑度のデータが公表されていますので、ぜひ調べてみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

港区外苑前駅すぐのmisosil南青山不動産

misosil南青山不動産なら仲介手数料最大無料!


無料で相談してみる

SNSでもご購読できます。